ふくしま教育総合ネットワーク管理細則
 (目的)
第1条 この細則は、ふくしま教育総合ネットワーク実施要綱(以下「要綱」という。)第6条に基づき、管理運用について必要な事項を定めるものとする。

 (利用の範囲)
第2条 総合ネットワークの利用の範囲は、学校等及び教育関係機関に閉じられた専用ネットワークが利用できる参加者(以下「参加者」という。)と、社会に開かれた公開ネットワークのみを利用する利用者(以下「利用者」という。)とする。

 (参加者の範囲)
第3条 参加者は、要綱第5条で定めるものとする。

 (利用者の範囲)
第4条 利用者の範囲は、制限を設けないものとする。

 (参加責任者)
第5条 総合ネットワークを適正に利用・管理し、個人情報を保護するため、参加責任者を定め、所属長をもって、これに充てる。
2 参加責任者は、教育長から求められたときは、各所属における総合ネットワークの利用状況を報告しなければならない。

 (参加者の責務)
第6条 参加者が、総合ネットワークに参加するに際しては、著作権法(昭和45年法律第48号)及び福島県個人情報保護条例(平成6年福島県条例第71号)を遵守しなければならない。
2 参加者は、教育に必要な情報の流通以外に総合ネットワークを利用してはならない。
3 参加者は、総合ネットワークを通じて入手した情報について適正な利用に努める。

 (著作権の尊重)
第7条 参加者が、第三者の著作物を総合ネットワーク上に掲載する場合には、必ず著作権者の承諾を得て行うものとする。この場合において、著作権者が未成年者の場合は、その保護者の同意も得てから行うものとする。

 (参加の取り消し)
第8条 教育長は、参加者が総合ネットワークに参加するにあたって次の事項のいずれかに該当したときは、参加の取り消し及びデータ等の削除を行うことができる。
 一 ふくしま教育総合ネットワーク実施要綱第5条に定める参加者に該当しなくなったとき。
 二 法令等の各条項に違反したとき。
 三 参加者相互の信頼関係が損なわれるおそれがあるとき。
 四 その他、教育長が不適切な利用と判断したとき。

 (変更、中止等)
第9条 教育長は、総合ネットワークの運用上必要と認める場合は、総合ネットワークを変更または中断、中止できる。
2 前項の規定により変更または中断、中止するときは、総合ネットワークの利用者に対して事前にその旨を総合ネットワークを通じて連絡するものとする。ただし、臨時又は緊急にやむを得ない必要があると教育長が特に認めるときは、この限りでない。

 (損害に対する責任)
第10条 教育長は、利用者が総合ネットワークの利用に際して、変更または中断、中止及び停電、事故その他の障害により生じた損害に対して、その責を負わないものとする。

 (その他必要事項)
第11条 この細則に定めるもののほか、必要な事項については、別に定める。

附 則
 (施行期日)
 この細則は、平成12年7月13日から施行する。
 (施行期日)
 この細則は、平成21年4月1日から施行する。